戦後70年 平和への思い 報道番組に島尻優楓さん参加 「若者たちの談話」

報道番組の企画に参加した島尻優楓さん(テレビ番組より)
報道番組の企画に参加した島尻優楓さん(テレビ番組より)

 TBSテレビの夜の報道番組「NEWS23」で13日、石垣市の高校生で八重山平和祈念館の平和ガイド、島尻優楓さん(八重高2年)が「戦後70年私たちの談話―平成生まれの若者が挑戦―」と題した戦後70年企画に出演し、他の都道府県から参加した若者たちとともに平和への思いを語った。島尻さんは、八重山の戦争マラリアなどについて話し、「日本軍が命令して避難させたことで被害にあったり、集団自決をした」と沖縄戦について思いを語った。

 また、戦後の沖縄県民の意識について、「沖縄の人は日本に対しても、中国や韓国と同じように国(日本)に対して思っている」と複雑な状況にあることを説明した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html