台風、あす八重山直撃へ 昼ごろ最接近、影響長時間か

 非常に強い台風15号は21日午後9時現在、フィリピンの東にあり、ほとんど停滞している。石垣島地方気象台によると、台風が予報円の中心を通った場合、八重山地方を直撃。石垣島地方は23日朝、与那国島地方は同日朝から昼前に暴風域に入る恐れがある。両地方には23日昼過ぎから夕方にかけて最接近する見込みで、厳重な警戒を呼び掛けている。
 台風は速度が遅く、影響が長時間に及ぶ可能性が大きい。八重山地方が暴風域から抜けるのは23日夕方から夜遅くになる見込み。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html