民泊者、昨年の3倍超 受け入れ強化策が奏功 田舎体験P

2014年には2732人の民泊者が石垣島を訪れた(2014年12月撮影)
2014年には2732人の民泊者が石垣島を訪れた(2014年12月撮影)

 石垣島田舎体験プロジェクト実行委員会(成底正好実行委員長)の民泊展開が好調で、2014年の民泊者数が2732人となり、前年の769人から3倍以上となっていることがわかった。成底委員長は「初年度の2011年は98人しかいなかった。恐ろしいほどの伸び率」と話し、「少しブレーキをかけないといけない。修学旅行生に頼らない仕組みを作っている」と、団体から個人客中心へのシフトを図っている。           (玉津盛昭)

 団体客から個人客への移行について「関西圏の修学旅行生が石垣島に来なくなる可能性がある」と話す。国土交通省が昨年4月に実施した貸し切りバスの運賃値上げが影響してくるという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html