「美島商娘(ちゅらしましょうこ)」で優秀賞 八商工、全国出場はならず 九州研究発表

 2015年度第14回九州地区高等学校生徒商業研究発表大会(九州地区商業高等学校長協会主催)が21日、浦添市てだこホールで開催され、県代表として参加した浦添商業高校が首位の最優秀賞を、八重山商工高校が次点の優秀賞を獲得した。八商工のマーケティングリサーチ部(宮良優花部長)が立ち上げた女子高生ブランド「美島商娘(ちゅらしましょうこ)」の活動成果を発表したが、惜しくも全国大会への出場権は得られなかった。
 大会には九州各県の代表校計9校が出場し、開催県である沖縄からは2校が出場。県内の出場は7月の県大会で最優秀賞の八商工と、優秀賞の浦添商業高校。九州大会では「ムスリム観光客向け商品開発」をテーマにした浦添商業高校が「逆転勝利」を納めた。
 マーケティングリサーチ部の宮良部長は「浦商というライバルがあって成長できたと思う。全国では頑張ってほしい」とエールを送り、「これからさらに部を発展させて、九州、全国へ行ってほしい」と後輩の活躍に期待を込めた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html