きょう夕方 最接近 浸水、冠水、土砂災害に注意 暴風雨 長時間続く恐れ 台風15号 

 非常に強い台風15号は22日午後6時現在、石垣島の南南西410㌔の海上にあり、時速10㌔の速度で北上しており、石垣島地方は23日の明け方に暴風域に入り、同日夕方に最接近する見通し。石垣島地方が暴風域を抜けるのは24日の午前中。23日の雨量は1時間当たり80㍉の予想となっており、石垣島地方気象台は大雨による浸水や冠水、土砂災害などの注意を呼び掛けている。

 台風15号は22日午後6時の段階で中心気圧945ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40㍍で、瞬間最大風速は60㍍。石垣島地方気象台によると勢力を維持したまま石垣島地方に上陸する見通し。石垣島地方気象台の担当者は「かなり風が強いので物が飛んだりする可能性がある」と話している。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html