波照間島でムシャーマ 旧盆 先祖供養と豊作祈願

ミルクを先頭に練り歩くミチサネ(仮装行列)=27日午前、波照間島
ミルクを先頭に練り歩くミチサネ(仮装行列)=27日午前、波照間島

 先祖の供養、豊作豊漁、住民の無病息災を祈願する竹富町波照間島の伝統行事「ムシャーマ」が旧盆中日の27日、島を挙げて盛大に行われた。盆と豊年祭を同時に行う波照間島の最大の年中行事で、ミチサネと呼ばれる仮装行列や波照間公民館前の庭で演じられるボー(棒術)やテーク(太鼓)、島民による「ニンブチャー」(念仏踊り)が奉納された。さらに14年ぶりとなる西組の玉踊りが披露されるなど、会場に訪れた地域住民、帰省した島の出身者、多くの観光客らが祭りを楽しんだ。

 午前9時すぎ、ドラが打ち鳴らされて西組、東組、前組の順にミチサネ(仮装行列)を開始。子や孫を伴い、子孫繁栄など福をもたらすミルクを先頭に生産活動を表現する踊りが続き、棒と獅子で厄払いしながら波照間公民館まで練り歩いた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html