中国の驚くべき「歴史認識」と尖閣

抗日戦争70年の軍事パレードに向け訓練する中国軍兵士(中国国営テレビより)
抗日戦争70年の軍事パレードに向け訓練する中国軍兵士(中国国営テレビより)

 第二次世界大戦終結から70年。日本では「戦後70年」と呼ぶが、中国では「抗日戦争勝利70年」と称する。悲惨な地上戦を経験した沖縄では、マスコミを中心に「2度と戦禍を繰り返さない」と誓い、米軍基地の撤去を求め、さらには安倍政権が成立を目指す安全保障関連法案に反対する運動が盛り上がっている。一方、中国は9月3日、北京で「抗日戦争および世界反ファシスト戦争勝利70年」行事を開催し、堂々たる軍事パレードで武力を誇示する。「戦後70年」の節目に対する認識のギャップは、特に沖縄と中国で顕著だ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html