学校現場は試行錯誤 来夏、クラスに有権者 18歳選挙権

来年夏の参院選に向けて、学校現場では教育案作りに試行錯誤している
来年夏の参院選に向けて、学校現場では教育案作りに試行錯誤している

 来年夏の参院選からスタートする予定の18歳選挙権。石垣市選挙管理委員会が市内3高校に選挙の啓発うちわの配付するなど、18歳選挙権の気運が徐々に高まりつつある。来年の夏には高校3年のクラスに有権者が登場することになり、在学中に投票日を迎える現高校2年生からの主権者教育に注目が集まっている。ただ、沖縄県教育委員会から選挙に関する指導マニュアルなどは2日現在届いておらず、学校現場では試行錯誤しながら、来年夏に向けての教育プログラムを模索している。(玉津盛昭)

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html