青空のもと流しそうめん楽しむ どぅなん児童クラブ

 8月31日、町の学童保育「どぅなん児童クラブ」(39名)の園児・児童らが昼食時間に流しそうめんを楽しんだ=写真。この日は、前日の大雨の天気から一転して青空の広がる快晴の天気。子ども達は外に出てにぎやかに、設置された流しそうめん台の前で「先生、おそうめん早く流して」とお箸と卵焼きの入ったつゆを持って構えている。
 先生の「流しますよー」の声で、いざ、そうめんが冷たい水流にのってくると「きたきた!」の大歓声、大興奮。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html