観光客が求める商品を みやげ品開発でセミナー

セミナーを熱心に聞く参加者ら=8日午後、大川公民館
セミナーを熱心に聞く参加者ら=8日午後、大川公民館

 企業や地域のブランドデザインを手掛ける株式会社ノイズ・バリュー社(那覇市)は8日午後、石垣市の大川公民館で「世界の食べたいトレンドを沖縄に」と題したセミナーを開催し、沖縄に訪れる観光客が求める観光みやげ品として開発される商品やコンセプトなどを紹介した。食のニュースや情報発信を行う株式会社料理通信社社長の坂西理絵さんを講師として招き、八重山地域の観光みやげ品販売店や食品製造業の関係者などが来場し、約70人が聞き入った。
 このセミナーは、2014年度から県で推進されている「高付加価値・高単価の観光土産品開発」の一環。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html