八重高 興南下し初V  県代表1位で九州へ 悲願の甲子園出場に挑戦

県大会優勝を決め、スタンドに向かって走り出す八重高の選手たち=11日午後、沖縄セルラースタジアム那覇
県大会優勝を決め、スタンドに向かって走り出す八重高の選手たち=11日午後、沖縄セルラースタジアム那覇

 第65回県高校野球秋季大会(主催・県高野連)の決勝戦が11日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われ、八重山高校が3―1で興南高校を下し、初優勝を果たした。秋季大会での八重山勢の優勝は2006年の八重山商工以来、9年ぶり2度目。八重高は24日から29日まで鹿児島県で開催される九州地区高校野球大会に沖縄1位校として出場。4強入りすれば来春の選抜高校野球出場の可能性が強まる。八重高は8月の新人中央大会に続く県制覇で、2大会連続して決勝で興南を破った。


 八重高は3回表に1点先制されたが、4回裏に黒島投真の2塁打などで3点を奪い逆転。先発・仲山琉斗は興南打線に10安打を浴びながらも粘り強い投球で1点に抑え、堅い守備で逃げ切った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html