PAC3に歓迎と批判 自衛隊配備の賛否両派

 防衛省が5日、PAC3の石垣島配備方針を発表した。石垣島では陸上自衛隊の配備計画も浮上しており、賛成、反対両派からは歓迎や批判の声が出た。
 石垣島自衛隊配備推進協議会の三木巌会長は「PAC3の配備に協力する。防衛体制をしっかり構築してほしい」と期待。ミサイル迎撃の現実性を疑問視する声が出ていることに対しては「危機に対処するため、やるべきことはやらないといけない」と強調した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html