新川団地が入札不調 建て替え着工遅れる 県議「予定価格、実情配慮を」

建て替え後の新川団地のイメージ図
建て替え後の新川団地のイメージ図

 県営新川団地建て替え工事の入札が2回にわたって不調に終わり、着工が遅れている。県施設建築課によると、着工は当初、3月末を予定していたが、入札をやり直す必要があるため、11月ごろにずれ込む見込みという。県の大型公共事業では、最近着工した県立八重山病院も入札不調を重ねた経緯がある。入札不調が続発すれば離島のインフラ整備に影響が出る懸念もあり、八重山選出の県議は「離島の実情を考慮して予定価格を設定すべきだ」などと指摘している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html