外国人サポーター養成へ 災害支援で10月に講座

石垣市が10月から外国人災害支援事業としてサポーター養成講座を開く=2016年1月16日、資料写真
石垣市が10月から外国人災害支援事業としてサポーター養成講座を開く=2016年1月16日、資料写真

 外国人観光客が増加傾向にあることから、災害時に外国人を支援してもらおうと石垣市は多文化共生社会推進事業の一環として1日から、「災害時外国人支援サポーター養成講座」(主催・沖縄県国際交流人材育成財団、共催・石垣市)の参加者募集を開始した。10月から行われる全2回講座の履修後、修了登録証が交付される。市によると石垣市が行う外国人災害支援事業は初めて。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html