2016年

9月

01日

サンゴ白化率9割に 石西礁湖の35カ所で調査

竹富島の南海域で8月21日、白化したサンゴの様子(石垣自然保護官事務所提供)
竹富島の南海域で8月21日、白化したサンゴの様子(石垣自然保護官事務所提供)

 環境省那覇自然環境事務所は8月31日、石西礁湖の広範囲でサンゴの白化現象が確認されたと発表した。調査地点35カ所で、少しでも白化の進行が見られる群体が占める割合を示す白化率の平均は89・6%に達し、全体が完全に白化している割合は24・2%となった。同事務所は「30度以上の高温水温が6月ごろから約2カ月続いており、このままの状況が続くようであれば、死亡する群体が増えることが予想される」と危機感を募らせている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest