自衛隊配備、賛否あいまい 翁長県政「丁寧に説明を」 県議会一般質問

県議会で一般質問する次呂久氏=5日午後
県議会で一般質問する次呂久氏=5日午後

 県議会9月定例会の一般質問で5日、石垣市区選出の次呂久成崇氏(社民・社大・結連合)が登壇した。防衛省が進める先島諸島への自衛隊配備計画に対し、謝花喜一郎知事公室長は「地元の理解と協力が得られるよう、政府は丁寧に説明を行うとともに、住民生活の安全安心に十分配慮すべきだ」と従来の見解を繰り返した。
 翁長県政を支え、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力は宮古、八重山への自衛隊配備に反対しているが、翁長県政は賛否をあいまいにし続けている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest