勤王流の手後世へ 川井民枝氏が芸歴30周年記念公演

たらくじ節を舞う川井民枝さん=2日夜、市民会館中ホール
たらくじ節を舞う川井民枝さん=2日夜、市民会館中ホール

 勤王流八重山舞踊川井民枝氏の芸歴30周年記念公演「踊り清冽」(ぶどぅりかいしゃ)が2日夜、市民会館中ホールで開かれ、多くの来場者らが勤王流に伝わる二十二の手型や川井氏の故郷白保に伝わる芸能を楽しんだ。
 川井氏は白保出身で南城市在住。勤王流の故・石垣寛吏氏に師事し、自身も5人の師範、教師を育てた。1995年からは沖縄本島を中心に活動を行っており、去った10月23日には国立劇場おきなわで同じ題名の記念公演を行った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest