2016年

12月

21日

竹富島でウミガメの放流 先月保護されたタイマイの子ども

園児の声援を浴びながら海に向かって歩きだす子ガメたち=19日午前、コンドイビーチ
園児の声援を浴びながら海に向かって歩きだす子ガメたち=19日午前、コンドイビーチ

 【竹富】コンドイビーチで19日午前、竹富保育所の園児らが見守るなか、17匹の子ガメの放流が行われた。11月3日~4日にかけて竹富港に漂着しているところを保護され、ウミガメの研究をしている黒島研究所で手当てを受けていた。いずれもタイマイという種類で、1ヵ月で大きくなり、このほど竹富島で放流されることになった。
 子ガメを発見した二方昌一さんは「発見当初は直径5センチくらいで弱っていたが、10センチ以上に成長して元気いっぱい。また島に帰ってきてほしい」と感慨深い様子。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest