PM2・5 濃度高まる 汚染物質でかすむ市街地 中国から飛来か 石垣市

島内が白く覆われ、海も見えにくい状況となった=23日昼、バンナ公園展望台(iphone5sパノラマ撮影)
島内が白く覆われ、海も見えにくい状況となった=23日昼、バンナ公園展望台(iphone5sパノラマ撮影)

 中国から飛来するといわれる大気汚染物質「PM2・5」の石垣市内での濃度が、23日午前7時に36マイクロ㌘まで高まった。市内では終日に渡り、PM2・5の影響とみられる白い煙霧に覆われた。1日平均値70マイクロ㌘には達していないことから、注意喚起情報は発表されていない。

 東京から観光で来島した戸辺誠さん(42)は、妻の蓋若琰さん(33)と娘の実ちゃん(3)とバンナ公園の展望台で市街地や離島を一望していた。
 市街地が白く見えるのは曇り空の影響と思っていた戸辺さんは、地理的な状況から「(石垣島は)中国の影響をもろに受けてしまう」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest