表明時期めぐり板挟み 推進派は「年内」期待 公民館との面会難航 陸自配備計画

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、配備推進派からは、中山義隆市長が受け入れの是非を表明する時期について「年内がめど」と期待する声が出始めている。中山市長自身は、配備に反対する4公民館関係者と面会した上で表明する考えを示しているものの、日程調整は難航しており「年内の表明は難しい」との見方もある。判断表明のタイミングはいつになるのか。中山市長は推進、反対両派の板挟みになり、苦境に陥っているようだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest