配備容認に歓迎と抗議 推進、反対派が市役所集結

 中山義隆市長が石垣島への陸上自衛隊配備を容認して一夜明けた27日午前、市役所では配備推進、反対の両派がそれぞれ集結した。推進派は「配備を確実に、速やかに推進しなくてはならない」(石垣島自衛隊配備推進協議会の三木巌会長)などと述べ、中山市長への支援を呼び掛けた。反対派は「石垣になぜ新たな基地が必要なのか」(石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の上原秀政共同代表)などと疑問視し、中山市長のリコールを求める声も飛び出した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest