2017年

1月

07日

死亡事故ゼロの継続を 観音堂で交通安全祈願式

2017年度交通安全祈願式が行われた=6日午前、冨崎観音堂
2017年度交通安全祈願式が行われた=6日午前、冨崎観音堂

 冨崎観音堂で6日午前、2017年交通安全祈願式ならびに交通安全広報駅伝(主催・八重山地区交通安全協会)が実施され、関連する各団体の役員ら約100人が今年1年の無事故を願った。
 式では、新垣能一八重山地区交通安全協会長の音頭で観音堂に向かい二拝二礼。中山義隆石垣市長は「昨年は死亡事故ゼロを達成したが、八重山は観光客が激増しレンタカーも増えている。飲酒運転、路上寝込みを根絶し、死亡事故ゼロの継続を」、前田達史八重山警察署長は「管内では昨年1年間の人身事故が一昨年と比べ大幅に減少し、1999年以来の少なさとなったが、逆に物損事故は増えている。きょうを機会に決意を新たにし、安全対策を」とあいさつした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest