2017年

1月

11日

市長の配備容認を評価 島二分の住民投票「やめて」 推進派・三木氏 陸自配備計画

インタビューに答える三木氏=9日午後
インタビューに答える三木氏=9日午後

 八重山日報社は9日、石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、推進派の市民団体「石垣島自衛隊配備推進協議会」の三木巌会長(74)に今後の対応などを聞いた。中山義隆市長が昨年12月に配備容認を表明したことについて「いいタイミングだったと思う」と評価。反対派が住民投票を模索していることに対しては「島を二分することになるので、やめてほしい」と批判した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest