2017年

1月

12日

臨床心理士2人を募集へ 発達障害の支援体制構築 石垣市

 発達障害の子どもを支援する体制づくりを進めている石垣市は、新年度から支援チームの核となる臨床心理士2人を採用する方針で、来月にも募集を開始する。人材確保に向けた費用には一括交付金を活用する。将来的には発達障害も含め、ワンストップでさまざまな障害の相談に応じられる「総合窓口」の設置につなげたい考え。

 

 発達障害児の支援は従来、乳幼児を担当する児童家庭課、幼稚園児や小中学生を担当する教育委員会、障害者を担当する障がい福祉課など、発達障害児の成長段階に応じ、さまざまな部署で担当を分担していた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest