2017年

1月

12日

課題解決 主役は子ども 授業スタンダード浸透 竹富町教委

 子どもが主役となり授業の課題を設定して解決することを軸とした、竹富町の「ぱいぬ島っ子授業スタンダード」が2016年度4月から町内で実施されている。これまで一般的だった授業スタイル、①子どもが板書②内容を覚える③教師がまとめる―などから統一した指針に変えた。現場の教師からは「考える力、表現する力がついてきている」と声があがっており、授業スタンダードが町内でも浸透してきている。(玉津盛昭)

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest