「尖閣 日本の勢力圏」 石井望准教授が講話

講話する石井望氏=14日、市民会館中ホール
講話する石井望氏=14日、市民会館中ホール

 14日開かれた石垣市主催の尖閣諸島開拓の日式典で長崎純心大学の石井望准教授が「悠久の尖閣史、最新の研究を語る」と題した講演会を開いた。尖閣海域についての研究成果を発表。尖閣海域について「尖閣西方の福建沿岸海域について、朱印船航路の最前線、両国の最前線、和平ライン。第ゼロ列島線」「尖閣は無主地で日本の勢力圏だった」と強調した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest