2017年

1月

20日

休園方針に逆風 覆せば「朝令暮改」批判も

 【解説】石垣市教育委員会が打ち出した小規模幼稚園の休園方針は、市議会が保護者らの請願を可決する情勢となったことを受け、強い逆風を受けることになった。ただ休園方針は昨年8月に決定したばかり。保護者や地域の反発を理由に、市教委がわずか半年足らずで方針を覆せば「朝令暮改」のそしりは免れない。
 市教委は昨年8月、事前に地域への説明がないまま、小規模幼稚園の休園方針を定例会で唐突に決定。昨年9月議会で野党議員の追及を受けた大得英信教育部長は「説明が後手に回っていることは真摯にお詫び申し上げる」と陳謝していた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest