2017年

1月

25日

保護種 31日に公開 審議会、決定先送り 自然環境条例案は承認 竹富町

第4回竹富町自然保護審議会が開かれ、自然環境保護条例案が承認された=24日、竹富町役場
第4回竹富町自然保護審議会が開かれ、自然環境保護条例案が承認された=24日、竹富町役場

 第4回竹富町自然保護審議会(横田昌嗣会長)が24日、竹富町役場で開かれ、3月定例会に上程する予定の竹富町自然環境保護条例の改正案の審議が行われ、改正案が承認された。施行規則で定める特別希少野生動植物と指定外来生物の選定は、追加や削除を求める追加意見があり、決定は先送りとなった。31日のパブリックコメント開始と同時に、同町ホームページ上で保護リスト案の動植物を公開する。

 特別希少野生動植物の定義は▽種の絶滅の危険度に関する科学的、客観的評価において高いランクに位置付けられている希少性の高い種▽捕獲採取圧が主な減少要因となっている種、オークションサイトでの取り引き対象種等の流通性の高い種であることーなど5項目。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest