2017年

2月

03日

中山市政に大きな痛手 与党結束にも影落とす 幼稚園休園問題

 2日の市議会臨時会では、幼稚園休園問題の請願を採決する際、与党のうち中山義隆市長に近い会派「自由民主石垣」(砥板芳行代表)の6人が退席した。地域の幼稚園存続を願う当初の市民運動が「反中山」運動へと変質するきざしを見せており、請願に賛成することで「中山市長を背後から刺すようなことはできない」(与党議員)との判断が働いたものと見られる。ただ市長選を来年に控える微妙な時期に表面化したこの問題は、与党の結束にも影を落とした。中山市政に大きな痛手となったことは間違いない。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest