アジア人の「脚」治す 人工関節の手術法探求 大浜出身の長嶺隆二医師

アメリカのベストドクター社に「医師に信頼される医師」として選ばれた長嶺医師=3日、石垣島徳洲会病院
アメリカのベストドクター社に「医師に信頼される医師」として選ばれた長嶺医師=3日、石垣島徳洲会病院

 アメリカのベストドクター社に「医師に信頼される医師」として選ばれた市内大浜出身の長嶺隆二氏(54)は、医師にも患者にも信頼されるドクター。約3500例もの手術を行ってきた人工関節手術のプロは、文化や骨格に合わせた手術法を探求し、国内外でアジア人の脚を治している。

 幼い頃の長嶺少年は父が喘息で苦労したことで、医者の道を決意。当初は内科を希望していたが、手術を見学したことで外科医を目指した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest