2017年

2月

05日

「沖縄の観光にも寄与」 宮城菓子店の事業計画認定

地域産業資源活用事業計画に認定された㈲宮城菓子店の宮城龍二代表取締役(右)と真境名康志所長代理=3日午後、沖縄総合事務局(那覇市)
地域産業資源活用事業計画に認定された㈲宮城菓子店の宮城龍二代表取締役(右)と真境名康志所長代理=3日午後、沖縄総合事務局(那覇市)

 【那覇】沖縄総合事務局は2日午後、地域の特産品や伝統技術などを生かし新たな事業活動に取り組む中小企業の「地域産業資源活用事業計画」5件と「農商工等連携事業計画」1件を新たに認定し、那覇市の沖縄総合事務局で事業者に認定書を交付した。
 八重山からは、㈲宮城菓子店(宮城龍二代表取締役)が事業名「地域資源を活用した『新・琉球菓子』の開発販売事業」で地域産業資源活用事業計画の認定を受けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest