糸数町議会議長出馬へ 現職に対抗「公正な町政を」 与那国町長選

 8月1日告示、同6日投開票の与那国町長選で、町議会議長の糸数健一氏(63)は6日、出馬の意向を明らかにした。八重山日報の取材に「現職に反発している人たちがたくさんいる。公明正大、公正な行政運営を取り戻さなくてはならない」と述べ、現職、外間守吉氏(67)に対抗して町政運営のあり方を問う考えを示した。

 外間氏は4選を目指す考えを表明している。与党として外間氏を支えてきた糸数氏が反現職に転じたことで、保守陣営は分裂する見通しとなった。
 糸数氏は「(現町政は)仕事にスピード感が感じられない」とも批判した。
 既に糸数氏の後援会が発足しており、元町議の崎原孫吉氏が会長に就任した。今後、具体的な政策の取りまとめを進める。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest