12度、一段と冷え込む 新川川に冬羽のヒバリシギ

エサをついばむヒバリシギ=10日、新川川河口
エサをついばむヒバリシギ=10日、新川川河口

 10日、今季の最低気温を観測した八重山。新川川河口では、シベリアやカムチャッカ半島から飛来するヒバリシギが冬羽の地味な姿で、エサをついばんでいるのが見られた。彼らはオーストラリアで越冬するが、南西諸島でも多数越冬するところがみられる。八重山もしかり。この手の寒さはなんともないように見える。
 石垣島地方気象台によると2月10日、午前6時48分に白保盛山で12・6度を記録。西表島大原でも12・6度を午前6時44分に記録している。