副読本、次年度刊行せず 「南京事件」「従軍慰安婦」記載 市教委

実質、17年度に刊行されない事となった副読本『八重山の歴史と文化・自然』
実質、17年度に刊行されない事となった副読本『八重山の歴史と文化・自然』

 石垣市教育委員会が中学生を対象とした副読本『八重山の歴史と文化・自然』を新年度予算案に計上せず、実質、次年度に刊行しないことが21日わかった。同副読本には「南京事件」と「従軍慰安婦」の記載があることから、市教委は「見解が分かれている事案」などとして問題視。一方、執筆者らは副読本の継続発刊を求める要望を21日、市教委に提出。市教委の刊行見送りを疑問視している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest