2017年

2月

24日

岡山から桃の花 JTAが八重山育成園へ

JTA八重山営業所の黒島所長(左端)から桃の花が贈呈された=23日午前、八重山育成園
JTA八重山営業所の黒島所長(左端)から桃の花が贈呈された=23日午前、八重山育成園

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は23日午前、岡山市の西大寺観光協会から提供を受け、同社航空機で輸送した桃の花束を社会福祉法人若夏会(新垣重雄理事長)八重山育成園に贈呈した。八重山営業所の黒島勝所長が同園を訪ね、利用者らに手渡した。
 JTAによる桃の花束輸送は、同社2番目の本土就航地である岡山と沖縄の交流を深めようと1996年から毎年実施されているもので、岡山から那覇空港へは約750本を輸送。石垣島にはこのうち約250本が届けられ、八重山育成園や空港、公共施設など26カ所に贈呈、展示される。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest