「冷たくてふわふわ」 雪まつりで児童歓声 竹富小学校

竹富小学校に雪を届けた川原さん(中央)と大喜びの児童たち=22日、竹富小中学校
竹富小学校に雪を届けた川原さん(中央)と大喜びの児童たち=22日、竹富小中学校

 【竹富】北海道から雪のプレゼントが竹富小学校(島仲信秀校長、全児童23人)に届き、同校では22日、テードゥン雪まつりを開催した。初めて雪を見た児童らは「つめたーい、ふわふわー」などと歓声をあげて喜んだ。
 同校に雪を届けたのは、北海道札幌市出身で昨年10月に石垣島へ移住、竹富島で働いている川原昌樹さん(46)。「雪を見たことがない沖縄の子どもに、本物の雪を見て触ってもらいたい。イメージを膨らませて夢を持ってほしい」と考えた川原さんは、札幌に住んでいるフットサル仲間に協力を呼びかけたところ快諾、今回のプレゼントが実現した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest