2017年

3月

01日

ブランド化へ再出発 県など関係者ら意見交換 西表パイン生産組合

パインのブランド化で生産者や関係者が意見交換=2月28日午後、大濱信泉記念館
パインのブランド化で生産者や関係者が意見交換=2月28日午後、大濱信泉記念館

 県農林水産部委託の熱帯果樹優良種苗普及システム構築事業の一環として、パインのブランド化に向けた意見交換会(主催・沖縄TLO、グラムコ、産創研)が2月28日午後、大濱信泉記念館多目的ホールで開かれ、県、市、竹富町の関係者、生産者、加工業者、流通業者ら約40人が参加した。

 竹富町からは西表パイン生産組合(川満弘信組合長)が昨年10月、長期間休眠中だった組織を若手中心に38人で再スタートさせ、今後、新品種を生産してブランド化する方向であることが報告された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest