迫力、水しぶき 優雅にクジラの親子 西表大原沖

(写真はフィッシングガイドサービス「リトルターン」の長島裕二さん提供)
(写真はフィッシングガイドサービス「リトルターン」の長島裕二さん提供)

 西表島大原の南方沖のリーフの際(水深約30㍍)で5日午前11時ごろ、親子とみられるクジラが発見された。
 見つけたのはフィッシングガイドサービス「リトルターン」の長島裕二さん(43)。「そばでブリーチング(水上に体を乗り出して水面をたたく行動)を一度だけやったが、気付いて目を向けた時には、水しぶきしか見えなかった。一度きりなのでその写真はとれなかった」と長島さん。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest