2017年

3月

11日

学校給食で地産地消 5300食 特製かき揚げパクパク

特製かき揚げを食べる児童たち=10日、石垣小学校
特製かき揚げを食べる児童たち=10日、石垣小学校

 県の「おきなわ型6次産業化総合支援事業」の一環として、市内の学校給食で地産地消にこだわった八重山産モズクと石垣島産ニンジンのかき揚げが5300食分提供された。普段はニンジンが苦手という児童も、この日のために作られた特製かき揚げをパクパク食べていた。

 同事業は県の委託を受けた株式会社アール・ピー・アイが事務局として展開。八重山漁協協同組合とJAおきなわファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場と連携し、オリジナル加工品として提供した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest