事故想定し連携プレー 20機関70人が訓練 スムーズに完了 石垣空港

石垣空港で航空機事故を想定した訓練を行った=24日、石垣空港
石垣空港で航空機事故を想定した訓練を行った=24日、石垣空港

 新石垣空港管理事務所は24日、石垣空港で航空機事故を想定した消火訓練を行い、20機関約70人が緊急時の連携プレーなどを確認した。
 訓練は空港内の1、2番スポットと平行誘導路などで実施。訓練の想定は航空機が飛行中にエンジントラブルを起こし、着地後はエンジンから出火し、多くの負傷者が出たというもの。緊急事態を想定し、緊急通報、初動措置、消火救難、避難誘導などを確認することが目的。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest