自殺防止「真剣に話を」 ゲートキーパー養成で井上氏

 ゲートキーパー養成講座(主催・石垣市)が24日午後、市健康福祉センター2階視聴覚室で開かれ、民生委員や市民ら約60人が参加した。県立南部医療センター・こども医療センター精神科部長の井上幸代氏が講師となり、自殺の実態、うつ病の症状、ゲートキーパーとしての対処の仕方について講演した。

 井上氏はゲートキーパーについては、自殺の兆候がみられる人に声をかけて話しを聞いたり、専門家を紹介したりして悩みを軽減し自殺を回避する役割を担う人と位置付けている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest