最高裁判決「決着でない」 県が基地問題でパンフ

県が発行した米軍基地問題についてのパンフレット
県が発行した米軍基地問題についてのパンフレット

 【那覇】県基地対策課は米軍基地問題に関する一問一答方式のパンフレット「沖縄から伝えたい。米軍基地の話」を3日までに作成した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐる翁長雄志知事の立場を内外にアピールする目的で、辺野古沿岸の埋め立て承認取り消しを違法とした最高裁判決について「最高裁の判決をもって辺野古の新基地建設問題がすべて決着したといえるものではなく、裁判の判決確定後も『辺野古に新基地は造らせない』との知事の立場は今まで通り変わりません」と明記した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest