CT画像検査、均質に 石垣氏が情報共有システム開発

MINCADI(ミンキャディ)について説明する石垣陸太氏=3月30日、八重山日報社
MINCADI(ミンキャディ)について説明する石垣陸太氏=3月30日、八重山日報社

 石垣市出身で京都医療科学大学准教授の石垣陸太氏(42)がこのほど、コンピューター断層撮影(CT)装置の最適な設定をウェブ上で情報共有できるシステム「MINCADI(ミンキャディ)」を開発し、1日から医療機関向けに販売が開始された。
 検査技師や医師によってまちまちだったCTの放射線量や画質の設定を病院同士が共有することで、画像検査の質を一定に保つことが可能になる。肺や胃、脊椎など撮影部分ごとの適切な設定もわかり、子どもの検査に伴う医療被ばくを心配する親にも安心感を与えることができる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest