2017年

4月

05日

沖縄医療の将来担う 県立看護大で入学式 109人が新しい一歩

新たな門出に期待を胸に膨らませる入学生一同=4日午前、県立看護大学
新たな門出に期待を胸に膨らませる入学生一同=4日午前、県立看護大学

 【那覇】県立看護大学(嘉手苅英子学長)の2017年度入学式が4日、同大で開かれた。将来の医療を担う若者たち計109人が、大きな夢を胸に学業の第一歩を踏み出した。

 入学生は看護学部看護学科に80人、別科助産専攻に20人、大学院保健看護学研究科博士前期課程に6人、同後期課程に3人。
 看護学部入学生を代表して木山菫さんは「看護分野での明日の担い手として学業に専念する」、別科助産専攻を代表して荷川取夕那さんは「学則を順守し人間性豊かな助産師を目指して学業に励む」と宣誓。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest