本マグロのシーズン始まる 210㌔の大物水揚げ

大物マグロを釣り上げた「第一あずさ丸」の乗組員たち=10日午後、八重山漁協
大物マグロを釣り上げた「第一あずさ丸」の乗組員たち=10日午後、八重山漁協

 八重山漁協(上原亀一組合長)所属のマグロ漁船による本マグロの水揚げが10日、石垣港で始まった。第一あずさ丸(比嘉隆船長、乗組員4人)が約210㌔の大物を水揚げし、漁港に集まった関係者から感嘆の声が上がった。今後、本マグロの水揚げは5月にピークを迎える。
 本マグロは石垣島南方海域で釣り上げた。体長は約2㍍20㌢。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest