2017年

4月

14日

尖閣周辺 空の緊張も激化 緊急発進、対中過去最多の851回 16年度まとめ

尖閣諸島周辺の中国機の飛行パターン(防衛省提供)
尖閣諸島周辺の中国機の飛行パターン(防衛省提供)

 防衛省は13日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が2016年度に緊急発進(スクランブル)した回数が対領空侵犯措置を開始した1958年以来、過去最多の1168回だったと発表した。中国機に対する緊急発進は851回で約73%を占め、同じく過去最多。中国機は特に尖閣諸島(石垣市)周辺の東シナ海で活動を活発化させており、空自機との間で緊張が激化している現状が浮き彫りになった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest