石垣牛に最優秀賞 銘柄食肉好感度コンテスト

表彰式の壇上で記念撮影するJA八重山石垣牛肥育部会の宮良部会長(中央)ら(JA八重山地区畜産振興センター提供)
表彰式の壇上で記念撮影するJA八重山石垣牛肥育部会の宮良部会長(中央)ら(JA八重山地区畜産振興センター提供)

 12日から14日まで、東京ビッグサイトで開かれた2017年食肉産業展・第2回銘柄食肉好感度コンテストで、JA石垣牛が最優秀賞を受賞した。
 コンテストには、申し込みがあった中から選抜された、石垣牛など8銘柄が出品された。月齢30カ月以下の去勢牛のウチモモから、厚さ5㍉、約15㌘のスライス状にしたものを一般消費者が審査。投票の結果、石垣牛は柔らかさ、うまみが評価されて、2位以下に大差をつけた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest