ハンディ乗り越え完走 難病の赤嶺さん感激 石垣島Tアスロン

フィニッシュでガッツポーズする赤嶺さん=16日午後、石垣島トライアスロンゴール地点
フィニッシュでガッツポーズする赤嶺さん=16日午後、石垣島トライアスロンゴール地点

 「ゴールできた。夢以上の夢が実現した」と表情を崩した。ゴール直後、手で漕ぐハンドサイクルバイクで傷んだグローブで顔を覆い、これまでの苦労を噛みしめるようにしばらくうつむいた。「障害に負けないこと。どんな目標も工夫してチャレンジすれば達成できる。障害を持った方にも自信を持ってもらいたい」と言葉に力を込めた。

 エイジ部門に出場した豊見城消防署勤務の赤嶺政則さん(54)。20年前、宮古島や石垣島のトライアスロンに出場するなど、トライアスロンに親しんできたが、2011年、医者から難病と呼ばれる脊髄動静脈奇形と診断された。背骨の中の神経の血管にできる病気の一つ。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest