フランス人の方言に爆笑 宮古郷友会「夕べ」盛況

にぎやかに漲水ぬクイチャーが演じられた=16日夜、アートホテル石垣島
にぎやかに漲水ぬクイチャーが演じられた=16日夜、アートホテル石垣島

 八重山在宮古郷友会(松原英男会長)は16日夜、アートホテル石垣島で「第3回ミャークフツ・ブドゥズ・アーグ(宮古方言・踊り・民謡)の夕べ」を開催し、満席となる500人の来場者が宮古の文化や方言を楽しんだ。方言によるスピーチでは、フランス人で京都大学の宮古方言研究者、セリック・ケナンさんが巧みな宮古方言でスピーチを行い、会場は笑いの渦に包まれた。

 郷友会員らが宮古の伝統文化に触れることにより、アイデンティティーを再確認しようと行われるもので、2013年から隔年で実施されている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest