返還後の環境問題に対処 米軍基地ガイドライン策定

 【那覇】県環境部は、将来的な米軍基地の返還を見越し、米軍活動に起因する地下水・土壌汚染といった環境問題を解決するための「米軍基地環境調査ガイドライン」を策定した。国、県、市町村の役割分担や技術的・制度的な対応のあり方を示した。跡地で汚染が発覚した場合は、地域住民も参画する形で対応し、情報公開するよう求めた。

 現状では基地返還に際し、自然環境に配慮した仕組みや、国内法で規制していない物質による汚染への対応が不十分。ガイドラインは①跡地返還の合意から土地所有者に引き渡すまでの各種計画策定や支障除去時②環境事故が発生した場合③返還跡地で環境汚染が発覚した場合―に活用される。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest